環境への取り組み / Environmental Activities

トップから一社員まで。環境負荷を減らす仕組み

明治ゴム化成は、1978年に環境保全室を設置し、積極的に環境保全活動に取組んでまいりました。
1999年のISO14001認証取得計画を機に、環境管理組織を発足させ、2004年には社会との共生という考えから環境業務を統括する部門を明確にして、地域と一体となった環境保全を推進しています。

現在、各年度ごとの環境目的のほかに、3年ごとの目標である環境目的を設定し、エネルギー・廃棄物・OA用紙の削減、環境に配慮した製品の開発など6テーマについて具体的な数値や行動を策定しています。
また、エネルギーについては「エネルギーの使用の合理化等に関する法律」に基づき毎年、エネルギーの原単位を前年度比1%削減するよう省エネルギー活動に取り組んでいます。


環境方針

明治ゴム化成は環境マネジメントシステムに関する行動原則および環境に対する取り組み目標を設定するため「基本理念」と「基本方針」からなる環境方針を制定し、この方針に基づいて環境保全に取り組んでおります。

<基本理念>
明治ゴム化成は、ゴム・樹脂製品のメーカーとして、環境と大きな関わりを持つことを認識し、地球に優しい事業活動、 環境に配慮した製品づくりを全従業員参加のもとに推進して、地球環境保全に貢献します。
<基本方針>
  1. 環境に与える影響を明らかにし、環境目的・目標を定め、定期的に見直しを行い、継続的な改善と環境汚染の予防に努めます。
  2. 環境関連法規制並びに当社が同意するその他の要求事項を遵守します。
  3. 廃棄物の削減、リサイクルを推進し、資源の有効利用に努めます。
  4. 省エネルギー化を推進し、地球温暖化防止に努めます。
  5. 環境に負荷を与える有害物質の代替、排出削減、適正管理を推進します。
  6. 再資源化、省資源化、安全に使用及び廃棄できる、環境に配慮した製品の開発に努めます。
  7. 美化運動やコミュニケーションを図り、地域社会との共生を推進します。
  8. この環境方針は、全従業員に環境教育を通して周知し、環境に対する意識の向上を図るとともに社外にも公表します。

2011年07月01日
name


環境目的・目標

明治ゴム化成では、環境に影響を与えている事項の改善および環境方針を実施していくために、2000年度より環境目的(3年間の目標)・目標(1年間の目標)を定め、この実現に取り組んでいます。


環境経営の運営組織

明治ゴム化成は、2000年にISO14001認証取得後、環境保全活動を更に強力に推進するため、環境を経営の一つの柱と位置付けて取り組んでいます。
製品の開発・製造からお客様に製品を納入するまでの過程で発生するあらゆる無駄を、経営トップからすべての社員に至るまで削減することで、エネルギーや廃棄物の低減など、環境改善を図っています。
この活動は、ISO14001環境管理組織を主体として推進しています。

環境組織図は下記をご覧ください。

PDF 環境組織図 (PDF, 94KB)

Get Adobe ReaderPDFファイルが正常に表示されない場合は、Adobe Readerをインストールする必要があります。
Adobe Readerはアドビのwebサイトから無償でダウンロードできます。